自称”サイコパス”は大抵”ソシオパス”説




「俺サイコパスだからw」



・・・ホンマかいな?



と思うことがあります



何と言うか、どうにも納得いかない


都合の悪いことを「サイコパス」と

呼んでいる気がしてならないんですよ😇



というわけで


今回は「自称サイコパス」について

勝手に考察してみましたよ



※私は心理学や精神疾患に詳しいわけではありません

 間違いなどがあった場合は勘弁して


 

類似される呼称(ソシオパスじゃない方)



自称サバサバ系


自称ドS系


自称〇〇の生まれ変わり


自称「私ヤバいやつ」(暗黒微笑含む)



・・・などなど


大抵の「自称~」は碌なもんじゃない



私は是非、これらの中に 「自称サイコパス」

チャートインさせたいわけですよ



これらに共通しているのは



  • 自分の欠点や不都合なこと

  • 社会と折り合いがつかないこと



これらの体の良い言い訳として使っていることですね



単に空気が読めなかったり、感じ悪い性格を

「サイコパス」に当てはめているだけの方もいるように思います



 

ソシオパス




こっちが本題w

おそらくあまり聞きなれない呼称ではないでしょうか?



世間で認識されている「サイコパス」な人の傾向は

大抵この「ソシオパス」に値します



サイコパスが先天的、人格形成時から生まれた感覚に対して


ソシオパスは後天的に社会的に良くない行動や

物事の解釈をしようとしたりする傾向があります




ソシオパスのポイントとなるのは

あくまで「反社会的な行動」であって


後天的にサイコパスになる、という意味ではありません



社会通念が理解できない=反社会運動

というわけではないですからね



よく漫画やテレビで出てくる愉快犯や頭のおかしいキャラは

ほとんどがソシオパスと言えます



「自称サイコパス」の方の中には

ソシオパス傾向にあることを誤認している方が多いと考えています



 

サイコパスとソシオパスの違い



例えば、世の中には

実際にこんな認識障害があります


「7」 「なな」 「七」



これらは呼称や表記が違うだけで同じものを指しています


しかし、世の中にはこういったものを同一のものであると

理解できないという類の障害があります



サイコパスもこれと同様で



「世間で良くないこと」と自分の価値観がイコールではない

理解できないといった障害だと思います




しかしながら、こういった人は生まれながら

世の中の”普通”を認識できませんが



世間一般的に「そういうものである」


と言われていること自体は理解できます



サイコパス=生まれ持った個性、思想

ソシオパス=自らの意思で加害的な行動をすること



というように私は捉えています



実際に害を及ぼすのはソシオパスに値します


 

サイコパスとソシオパスは共存可能




サイコパスでありながらソシオパス



という人も世の中にはいます



これが一番厄介と言えますね


”思想と行動力を兼ね揃えた存在”



倫理観に欠けた人が、自分の価値観を肯定し

積極的に社会に影響を与えていく



サイコキラーや常人では思いつかないことをするような人は

これに値すると思われます


この手の人に出会ってしまったら

真っ先に逃げることをお勧めしますw



 

まあ、このようにツラツラと書いてきましたが

あくまで私の考察なので😅



こんな考えもあるよ~くらいで思っていただけたら幸いです


しかし、それを差し引いても



自称サイコパスは多い







閲覧数:17回