top of page

ゴジラ-1.0 観に行ったからレビューする(若干ネタバレ)



ゴジラ最新作!!




予告動画の時点で大きく期待していた本作


ゴジラ-1.0!!



前作の話題作である「シン・ゴジラ」を超えるべく

かなり力を入れて作られた映画のようです!


ゴジラ生誕70周年記念作品としても

映像の迫力など相応の気合いを感じます


(すごい!!)





 

で、観ていて感じたのが


とことん「シン・ゴジラ」の真逆を行った作品



という印象でした


個人的には「ゴジラ-1.0」の方が好きかもw



色々と真面目に作った「シン・ゴジラ」に対して

エンタメ要素も多かったですね



今回の放射熱線は超かっこいいです



シン・ゴジラは強力なバーナー

-1.0ゴジラはミサイル みたいな感じ




意外性や既存のゴジラのイメージを一新し

新たな可能性を見出したシン・ゴジラの次回作に


相応しい王道なゴジラのテーマを突き詰めた作品

って感じです



本当の意味で日本が再生するということ

日本が変わっていくこととは何なのか



こういったこれからの未来を考えていく

信念を描いているように感じました



シン・ゴジラは極力「現実的・現代的な日本」を

テーマにしていましたから全然違いますね


 


シン・ゴジラはゴジラだけでなく全体的に

意図して無機質というかガッチリ設定が組まれていて


人の命に関しても結構無頓着なシーンが多かったです



それとは全くの真逆で

かなり真面目「命」に関して考えてみたってテーマ


そのためか”戦争や核の被害”といったゴジラの根幹と

上手くマッチしていたように感じました



良くも悪くも無機質さを追求した

シン・ゴジラの唯一の欠点を持ってる作品です



王道的な戦争映画では

人が犠牲になることを美徳としたり


今ままで何となく

「戦争の犠牲って良くないよね」



と感じていたことを具体的なビジョンを持って

しっかりと掘り下げています



日本の近隣諸国で戦争が起こっている現代に

相応しいテーマとも言えますね



 


今回のゴジラのデザインはこんな感じ!

(劇場で買ったポストカードです)



かなりがっしりとした体格で

顔は平成ゴジラ辺りに近い印象です



人間側のヒーロー的な存在のゴジラ顔が

完全な人間の敵として襲ってくるのはなかなか恐怖!


不気味さ、憎悪を表現したようなシン・ゴジラと対称的に

これぞゴジラって顔ですね


ゴジラが直接人を襲おうとするシーンも多く

観ていて臨場感があります




軍艦とゴジラの対決シーンはなかなかの見もの!!

(軍艦かなり頑張ってます)


平成ゴジラではやられ役でしかない場面が多かったので

これもまた新鮮に感じました



 

個人的に好きな今回のゴジラの設定が



放射熱線はゴジラ自身にもダメージがある



膨大なエネルギーを使うので連射できないのに加えて

熱線を出す際のダメージを回復する時間が要る


本作では口元などが少々溶けてました




より放射熱線の必殺技っぽさが出ますし

連射出来ないことに納得感もあります


というか超強力な熱線に耐え切る身体があると


兵器や何かしらでダメージが通るのか?

って疑問も出てきますからねw




シン・ゴジラは逆に体の至る所から

熱線を放射可能という意外性があるものの


自身への負担(エネルギー消費以外)は一切ないのか?

という素朴な疑問もあったので好みとしては今作の方ですね



 

以上、今回の感想を思いつく限り書いてみました!



今ままでの作品のオマージュとも思えるシーンも多く

かなり楽しめる作品です



シン・ゴジラと同様ゴジラの登場シーンは少なめですけど


  • 戦後の日本の風景

  • スッキリとした登場人物

  • 伝わりやすいドラマパート


などなど、ゴジラ以外にも楽しめる要素もあったので

終始飽きずに鑑賞できました



そして圧巻のアクションシーンもあるので

かなりの傑作かと!



気になる方は見て観てくださいねー!!





Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page