バキバキッ!としたベースが欲しかったけど失敗したお話




材質でギターの音色は変わる!



ということは周知の事実ですが


割とどの素材がどんな音がするのか



ということまで理解しているギタリストって

意外と少ないのではないでしょうか?



大半のギタリストは

ギターの種類で大体の音色を判断しますからね!



 


たま〜にですが


好きなアーティストと同じようなギターを買ったら

微妙に鳴りが違ってるような・・・


なんてことも起きるわけです



というか私がありました😅


数年前ジャズベを買ってみたところ

思ったように抜けるような鋭い音が出ない




自分の弾き方か、アンプの設定かと思いきや

どうも元々の音がこれっぽいのです・・・



まあ、これはこれで好きな音だったのですが

やっぱりスラップでバキバキ言わしたい!



てな時には困るのです


 


同じ種類でも使っている素材に個体差があるため

音も変わってくる



この時はそこまで楽器の素材の影響力を理解していなかったため

後々になってからようやくわかりました😅



私の好んでいたジャズベの「バキッ」とした成分は

主にボディの素材にある!



ということを

その時になってようやく理解したんですw




 




バキバキッ!とした音が欲しいなら

取りあえずアッシュボディで!




もはや細かいことは言いません・・・

だって自分が覚えられないんだから



よくある


  • カッティングがカッコいいテレキャス!

  • バキバキのスラップベース



みたいなイメージの音が欲しいなら


取りあえずボディがアッシュならOK



アッシュにも昔からある重た~い ホワイトアッシュ

最近使用されるようになった軽~い スワンプアッシュ



この2種類がありますが

どちらも弾けるような音が出せます


因みに私のStrandbergのボディは

スワンプアッシュが使用されています





明瞭で、クリアな音が出てくれるギターです♪



逆に言えば、もう少し落ち着いた音が欲しいなら

アッシュ以外のボディの楽器を買えばいいということ!



すご~くザックリとですが

まあギター、ベースなんてそんなんでいいんですよ(笑



 

というわけで


私のようにギターの種類で大雑把に音のイメージを持ってる方も

ちょこーっとでも素材について知っておくと便利!



まあ、最近はみなさんある程度知っておられるかと思いますが😇



楽器も中々に高価!

出来るだけ理想的な楽器と出会いましょう♪





閲覧数:1回