top of page

ギターのフィンガリングが良いかチェックする練習



右手が悪いか左手が悪いか



ギターが上手く弾けない原因は数あれど

左右の手の使い方が問題ということは多いです



で、ここで厄介なのは



どちらか片方が極端に悪い

もう片方がそれに釣られて悪くなる



という現象が起きるということ



実は左右の手をシンクロさせる技術の

こういった片方に引っ張られる現象があるがために


左右の手のシンクロが困難になっている場合もあります



そんなわけで

ある程度基本的なコードが弾けるようになったら



左右個別で練習したり

悪い所が無いかチェックした方がいいです



 



そんなわけで今回は


左手の運指が良い状態かチェックする

個人的な練習方法をご紹介!



まあそんな大それたものではありませんが(汗



取り敢えず右手は使わないで

クリーントーン、生音の状態で


左手の運指のみである程度音が出せる

フレーズが弾けるか



ポイントは4本の指まんべんなく使えるかどうか!



 

色々理由はあるのですが



コードを押さえるにしろ、単音を弾くにしろ


  • どれかの指に力が偏り過ぎていないこと

  • 指を運用する筋肉や感覚が身についていること



こういった要素が求められるので

それを確認するための作業になります



ピッキング無しで音を出すためには


  1. 変に指にストレスがかかっていないこと

  2. 指を持ち上げる力がついていること



などなどの技術が必要です



また、自分が頭に浮かべたフレーズを

運指だけで音を出す感覚も


後に左右の手をシンクロさせるために

必要な技術になってきます



 

そんなわけで



クリーン、生音で左手の運指だけで音が出せたら

ある程度左手の技術は備わってきている



こう考えてOKということ!



もしもフレーズでミスしたり、いい音が出ないのなら

右手の方に何かしらの原因がある可能性が高いです



是非お試しあれ!!







Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page