ギターのネック調整で思うこと



どうも! 霧切酢です!!



楽器は定期的なメンテナンスが重要!



今回は


ギターのメンテナンスをしていて気づいた事を

書いていきたいと思いますー!



 


メンテナンスで得られるメリット




言うまでもなく



1.弾きやすさの向上


2.音質の向上



この2つ!



古くなった弦を新しいものに交換するだけで

お手軽に音質を向上させることが出来ますね😎



まあ、例外として



ジャズなどではあえて古い弦をそのまま使うことで

独特のトーンを使用する



というようなこともしたりする人もいますが!😅




で、今回注目したいのはこれ



ギター、ベースのネック調整!



これを長年していてちょっと思ったことがあります👀



 

音質も向上する?



私個人の感覚ですが



音抜けが良くなる傾向がある



と感じることが多いです!




何と言いますか👀



  • 弦を弾いた時のバラツキがなくなる

  • 弦が綺麗に振動してくれる



感覚があります




おそらくですが大抵の場合ネックが反る時は



準反り



つまり弦が弓形になって

弦が撓んでしまうことが原因かと!



弦に程よいテンション感がないため

弦を弾いたときのハリがなくなってしまう



これをネックの調整で改善できるため

音抜けが良くなるようです!



 

弾きやすさが変わった時だけではなく


音抜けが悪くなってきたら


ネックが反ってきたサインかも!



あんまり調整しすぎるとギターにも悪いので

ほどほどの感覚で調整しましょー!😉




閲覧数:0回