top of page

間違ったピックの持ち方を修正するのにかかる時間



上達への回り道!!




変な癖がつくと後々厄介・・・



ギターのトーンに大きく影響するピッキング



そのピックの持ち方がもし変だった場合

修正にどのくらい時間がかかるのか?




ピックの持ち方を修正するということは

ピッキングフォーム自体を修正することですので


結構な労力になったりします(汗



 

実を言うと私は今まで

3種類のピックの持ち方をしてきました


最後にたどり着いたのが

今のつまむタイプの持ち方ですね!↓





そんなわけで私は


2つの持ち方を経て

今の持ち方にたどり着いています



要するに2回持ち方を変えてます(笑


なのでピックの持ち方を変える大変さは

普通の人よりもわかるつもりです


 

ピックの持ち方にも色々と種類がありますが



基本的にの角度とか構え方が変わる場合は

相応に慣れるのに時間がかかる


って感じでした!




私の場合は最初に


  1. 指先でつまむ持ち方

  2. 完全な逆アングルピッキング

  3. 腕全体を巻き込むようなフォーム



こういったピッキングスタイルでした

Van Halenに少し近い持ち方って感じですね







その後ごく一般的な順アングルに矯正しました


こう言うやつ↑



結果的に順アングルは弾きやすかったのですが


腕を巻き込むように構えていた弾き方から

大きく変更した点がかなり大変でした



根本から変えていったので

ある程度ちゃんと弾ける様になるまで


大体2〜3ヶ月くらいは

かかっていたと思います



 

で、順アングルが馴染んできた段階で


「なんだか音が気に入らないな・・・」

と感じたので



順アングルと逆アングルを

ミックスさせた持ち方に変更しました



理屈としては


腕のフォームは順アングル

ピックの持ち方を逆アングル



このように混ぜ合わせることで

今の弾き方にしました



ベースとしては順アングルの比率が多いので


取り敢えず弾ける様になるまでは

そこまで時間がかかりませんでしたが


所謂速いフレーズが弾ける様になるまでは

年単位でかかりましたw



正確に言えば


より今の弾き方で多様な弾き方に

対応できるまでが結構かかったって感じです



 

結論としては


取り敢えず弾ける様になるまでは数ヶ月


そこから色々と極めていくと

もっと時間がかかるって感じでした!



まあ、早いうちにちゃんとした

ピックの持ち方にしてた方が有利ってことですね(笑





Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page