ギターに速弾きのスキルは必要なのか?

更新日:3月22日



どうも! 作曲家 ギタリスト


霧切酢です!



今回はギターのスキルに関するお話



ギターの速弾きは必要かどうか!!



昔からよく話題にされる


「ギターに速弾きは不要論」


について考えていきます😎✨


#ギターの速弾き

#ギターの練習方法

 

ギターの常識は更新されている!





今でこそギターの奏法というものはかなり幅広くなっていますが

昔の表現方法はそこそこ限られていました



その中である種起点となったのがこちらの

Yngwie Malmsteen の登場といえます



それまでのギターの速弾きといえば

ブルースの延長線上のようなフレーズが主で


今から考えるとそこまで速いと言えるものでもありませんでした




楽曲の表現方法としてはこのレベルさえあれば十分とされていて

過度な速いフレーズは



かえって表現の幅を狭めると言われてきました



私から言えばどちらも素晴らしい表現方法なので

やりたいようにやればいいと思うのですがね😊



少し前まではテクニカルな速弾きは

変わり種、必須のスキルではないという認識が強かったです



 


しかし、現代の基準では更に情報が更新され


以前まで過度な速いフレーズというもの自体が

さほど珍しいものという認識がなくなってきました




速いフレーズを弾くからこそ表現できるものがあるという

認識が広まってきたと感じています



特に機材や録音技術の向上により


  • 機械的なフレーズ

  • 無機質な音質



などを利点とした楽曲も増えてきたため

そこまで変わり種というイメージも薄くなってきました




 

そもそも速弾きをするためには



さて、今までは速弾きの歴史や

速弾きを利用した楽曲についてみてきましたが



実は速弾きを習得して得られることは

こういったこと以外にもかなり多いのです




そもそもギターの速弾きというものは



基礎的な部分がしっかりできていないと習得できません



勿論ほかの


  • コード弾き

  • ファンキーなカッティング

  • ブルージーナフレーズ


などにもたくさん基礎的な技術が詰まっています



しかし、速弾きというのは


これらに共通して使用している基礎的な技術の練度を

ある一定のレベル以上に向上させたうえで得られるものです




 

例えば


  • ピッキングの角度

  • 効率のいい弦の弾き方

  • 腕の振り方



などなど


実はこういった部分はある程度適当でも音は出せます



きれいに、そして商業的に通用するレベルの演奏にするには

かなり細かく注意を払う必要があります



速弾きというのはこういった部分の練度を高めた先にあるので



速弾きができる人は

普通のフレーズの練度もどんどん向上していきます





速弾きのフレーズ自体が必要とされなくても

速弾きを習得することで


自身のギターの演奏、音質を高品質に保つことができるのです




 

ギターでお金を稼いでみてみたい


高品質な演奏を習得したい人は


速弾きのフレーズ自体をたくさん弾ける必要はありませんが

速弾き自体はある程度できるようにしておきましょう!!



それでは今回はこの辺で!!😆✨




閲覧数:4回