ギタースタンドはやる気と閃きを引き出す



どうも! ギタリスト兼作曲 霧切酢です!!



今日は



ギタリストが作曲、練習の効率をメンタルから上げるコツ!



ギタリストの制作環境について語りたいと思います!!


それではみて行きましょー!!😎😎


 

ギターには閃きが必要!



私のようにギタリストと作曲家を兼業している方なら

ギターメインでフレーズを組み立てる必要が出てきます!



何曲も曲を作っていると、アイデアもなかなか

出にくくなってきます・・・



そんな時に役に立つのが



複数のギターが置けるスタンド!!



こいつが手元にあるだけで

ギターの収納が便利になるだけでなく



作業効率を向上させることが期待できますよ!😉✨



 

メリット1



・思いついたフレーズをすぐ弾ける





私のように作曲やってる方はわかると思いますが



作業というのは


やる気に火がつくまで”とにかく”時間がかかる!!



必要な機材を手元に常に置いておき

ギターを手にするまでの時間を削減!!



モチベーションが下がる前にギターを手に取る

迅速に思いついたフレーズを形にする



便利なギタースタンドがあると

こういった効果が期待できますね



 

メリット2



・ジャンルやフレーズに適した音を思いつきやすい



これは私の実体験なのですが


以前まで私は個別で置けるギタースタンドを2~3出して

メインで使う🎸のみ近くに置いていました



そのため、アコギやメイン以外のギターを

目にする機会というのがかなり減っていました



すると


いつの間にか

メインで使用するギターを使ったフレーズを考える



という感覚、選択肢がすっかりでなくなってました🥶🥶



当然、思いつくフレーズやアレンジの幅も

知らない間に狭まっていました



ある時気まぐれでトップ画像のように

複数のギターを置けるスタンドを使いだしたところ




「あれ?ここのフレーズってアコギのが良くね?」


とか


「音のバランス的に今回はこっちの方がいいな・・・」


なんて思いつきが本当に多くなりました!



自分でも無意識に考えが偏っていたことに驚きましたよ・・・😨




 

いかがだったでしょうか?



クリエイターにとって閃きは命!



収納の便利さも含め、持っていない方は

購入を検討してみてはいかがでしょうか?😙




閲覧数:6回