top of page

Kemperを利用して歪みエフェクターをプリアンプとして使ってみよう!!






Kemperの有効活用!



Kemperというのは

アンプをそのままコピーする機材


通常の使い方は

Kemper + ギターのみで完結



しかし!!



ここでKemperがコピーしているのは



アンプのヘッド、キャビネット

これらをそれぞれであることに注目!



つまりお手軽にKemperを

キャビシミュとして使うこともできる!


ということです



イメージ的にはこんな感じ⇩







こんな感じに歪みエフェクターを

アンプのヘッドみたいに使う!て感じです



で、肝心のやり方についてですが



Kemper本体の"AMPLIFIER"スイッチをOFF

もしくはPCエディターの方でOFFにするのみ




これでキャビネットのみ作動するので

歪みエフェクターをプリアンプ的に使えます



実機のアンプの場合

エフェクトループに繋ぐ必要がありますが


Kemperをライン入力で使う場合は



エフェクター⇨I/O⇨キャビデータ

という宅録のセッティングと同じになるので


これだけでOK







実際に試してみましたが


Kemperのみの歪みよりも厚みがある印象



特に


アンプライク系





ディストーション





これらが相性が良いように感じました



個人的にはOver Driveはそのまま

Kemperに繋いで使った方がよいので


使い分けが楽しめそうです




Kemperで手に入れらるRigデータの数だけ

エフェクターの音作りができる!!



是非エフェクター好きな人は

お試しあれ!!







Commentaires


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page