KONTAKTの音源って使い物になる?



もはやDTMをやっている人にとってはスタンダード


KONTAKT!



大量の音源が入っていることもさることながら



このKONTAKTをベースにして追加音源が使用できる

超・便利なプラグイン!



で、追加音源を使わずとも

このKONTAKTに大量の音源が入っているわけですが


その音源がどのくらい使えるのか



気になる所ですね!



個人的にメリットデメリットについて考えてみました!!




 

個人的な意見としては



セッション系 = BGM作成の時に役立つ


その他の生楽器 = 場合によっては使える



という感想です!



最近はシネマ系のシンセも追加されていますので

それらも結構使い所がありますよ!




 

セッション系の音源というのは



決められたフレーズ、リフを

自動で演奏してくれるやつ!



特に目玉になっている



アクション・ストリングス






これはなかなかのクオリティ!



音質もさることながら

フレーズも割と多様で使い勝手がいいです



コンパクトにまとめたいBGMを作るときは

複数の音源を立ち上げるよりまとまりが良いです


いい意味で音に制限がかかった感じが

バックで流れる音楽に適しているんですよね!



実際に私も過去にこれを使って

BGMを作成したことがあります



 

さてさて! その他の生楽器の音源は?

と聞かれますと



主力で使う分には少し打ち込みっぽさがありますが

レイヤーや、ちょっとした曲なら結構使えます!



いい意味でも悪い意味でも素直な出音が特徴



割と高価な音源の方が色々融通が効く分

「スッ」と思った通りに音が出てくれないものも多いです



その点、KONTAKTの音源は



融通が聞かない分

素直に、その音源の特徴的な成分がハッキリ出せる



という印象です!



その利点を生かして


  • 細かいニュアンスを必要としない曲

  • メインの別音源のレイヤー(厚みを出すための音)として使う



というように使うと効果的ですよ!

 


個人的に好きな音源は・・・



ベースとドラムの音源!



ベースの音源というと

「TRILIAN」が有名で、ユーザーも多いですが



個人的にTRILIANは余り好みの音ではありません



なんと言いますか


不自然に高音がギラついてて

全く生のベースっぽさが感じられないのです


アクティブP.Uに近い音と言われればそうですが

それにしてはローもミッドも薄っぺらい。。



それに対してKONTAKT付属の音源は

割と人気の高いジャズべの音に近いです



生音というよりは、多少ミキシングされた音に近いですが

それでも幅広いジャンルに対応できる音だと感じます






 

そしてドラムの音源も中々!



生音特有の空間の広がりはそこまでありませんが


  • 音が結構リアルです

  • 程よく使いやすいように整った音


という印象を受けました





特にシンバルの音が結構キレイ、それでいて

耳に痛くない高音なので心地がいいです



こちらもKONTAKT音源特有の


”素直にその楽器のいい所が前に出てくる”


特徴を引き継いでいるので

難しい設定もせず良い感じに使えます





この曲はかなり前に作った曲ですが

KONTAKTのドラム音源を使用してます



ややコンプ感が強いですが、逆にそれがいい!

割と生音っぽくていい感じだと思います




 

今回はかなり私の主観で話してしまいましたが

なんだかんだKONTAKTはいいですよ!



  1. あと一歩何か足りない

  2. もう少し単調なこの音がしい!


という時にかなり心強い音源です



音色選びに困っているなら

候補に入れてみてもいいかも!?🤔





閲覧数:5回