top of page

LINKIN PARK ボーカリスト”チェスター・ベニントン”の凄さについて語る







唯一無二の歌声



世界中を虜にしたビッグバンド

LINKIN PARKのボーカル



チェスター・ベニントン!



LINKIN PARKの成功

彼あってのものと言っても過言ではありません


ジャンル的にはKORN , Limp Bizket同様

ニューメタルに属していますが



このバンド特有のキャッチーさ

この強力なボーカルあってのものと言えます



声質的にも

”高めの声、甘いクリーンボイス、切ない叫び”


など日本人的にも受け入れやすい声だと思います





そんなわけで今回は


改めてチェスターの歌声が

如何にすごかったかを書きたいと思います!






あくまで私個人の分析ではありますが



大きく分けて


  • 何処までもクリアなFry Scream

  • 繊細なニュアンスのつけ方

  • マイク・シノダの存在



ここ辺りが彼の歌の真髄と言えるのではないでしょうか!


チェスターといえば甘い歌声に加えて



力強く抜けの良いスクリーミング



これも大きな代名詞となっています



実はFry Scream自体使用している

ボーカリストは珍しくはないのですが



ここまでクリアかつ繊細な響きで

スクリームを操れること


それに加えてしっかり攻撃的な声にもできること



これを両立できている人って

なかなかいないんです





Fry Screamはデスメタルよりの

より激しいジャンル






より古典的なハードロック、ヘヴィメタルでも

使用されているのですが



絶妙にまで歪んだ声を混ぜつつ

地声の響きも加えた声を作り出す技術


更にその歪んだ声の比重を細かく操れる実力




これこそ初期チェスターの

比類なきボーカルテクニックなのです!!





更によくあるJ-POPのようなやり過ぎなビブラートではなく



味付け程度の細かい揺れを使った

本場のビブラートを使用する



などなd、こうして聞いてみると

実はあんまり見当たらないスキルを持っているんです



そしてその歌声を100%活かせる曲作りができる

マイク・シノダが常に傍にいたこと



これは本人の力ではありませんが

この親和性を作り上げたことがすごい!


とも言えます




根気強く探せば出てきますが



実はチェスターがLINKIN PARKに加入する前に

やっていたパンク寄りのバンド


LINKIN PARKと平行していたロックバンド



など


マイク・シノダが関与していない

楽曲を歌唱している曲もあるのですが



正直LINKIN PARKほどの

名曲はありませんでした



マイク・シノダが完璧に計算し尽くした構成力



これを更に100%活かした歌唱ができた事も

成功の一端だったのだと思います



なあ、そんな具合に


今一度

LINKIN PARKの曲を聞いてみてほしい!!



というブログでした!!




Comentários


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page