音ゲーの上手さと楽器の上手さは比例するか?



手軽に演奏者気分が味わえる



音ゲー・リズムゲー!



今では手軽にスマホでもできますけど



音ゲーは楽器の演奏に関係するのか?



という議論がたま~に開催されております




私も一時期音ゲーにハマっていた時期がありますので

その経験談も交えて考察してみたいと思います!!



 

基本的にあまり関係ない




いきなり結論から入っちゃいますが



正直なところ、そんな関係ないです




実際に友人で音ゲーにハマっていた方もいましたが

楽器は全く上達しなかったですからね😅


というのも


あくまでゲームはエンタメ

楽器演奏は体を動かす運動に近いからです



しかも最近のスマホの音ゲーなら

キャラ毎のスキル補正も結構あります


(判定を甘くするとか)



因みに私の場合は音ゲーもそこそこ得意でしたよ♪

 




また、実際の楽器の演奏というのは



単純に音を出せばいいわけではありません



綺麗に、質の高い音を出すためには

かなりの修練を必要とします



プロになってくるとここの質が高いので

単純な演奏でも迫力のある演奏になります



対して音ゲーの場合は

兎に角タイミング内に叩ければそれでOK


叩き方のクオリティは求められません



実際に自分が音を出すクリエイティブ側ではない

という点も大きな差ですね!



 

影響のある音ゲー




スティックを使うドラムや太鼓



スマホゲーではないやつ!

これは結構関係してきますよ!



スティックを使う楽器では

上手にスティックを使う技術が必要になってきます!



例えば、素人なら腕を振り下ろすだけで叩きますが



  • 腕を振り上げる動作で叩くアップストローク

  • 一度に2度叩くダブルストローク


などといった技術が求められてきます

素人には少々ハードルが高い技ですね😇



ドラムとかをやっていてこれらのスキルが元々身についている方は

スティックを使う音ゲーは必然的に有利になります


逆に素人にとって壁となるジャンルとも言えますね!



 

音ゲーが上手い=楽器が上手いのイメージ



1つは先ほど解説した通り

実際に関係性があるジャンルもあるということ



もう1つは


大体音楽に興味がある人が音ゲーやるし

元々楽器も家に引きこもって練習する物だから



という理由が大きいように思います

相対的に楽器経験者が集まりやすいということでしょう



バンドやってる人にアニメ好きな人が多いのと同様で

音楽やってる人にとって親和性が高いんです


ゲームもひたすら引きこもってやり続けるわけですから😂



結構音ゲーやってる人で

弾いてみた動画上げる人多くないですか?




閲覧数:1回