top of page

MXR bass d.i.+はファンタム電源使った方が音質が良かった!






王道の定番ベースエフェクター!!



リリースされてから結構年数が経っているものの

未だ根強い人気を誇るベースエフェクター



MXR bass d.i+!!



ロックベース界で絶大な人気を誇った

Sansampと双璧を成す存在としても有名です



超かっこいい音1つで勝負するSansampと異なり

幅広く音作りできる点で多くのユーザーに好まれています


双方とも歪みを加えることができますが

面白いことに歪みの質も真逆で



Sansamp 硬くゴリゴリっとした TS9系の歪み

bass d.i+ シャバシャバしたディストーション



みたいな印象です


ベーシストなら誰しも

どっちを選ぶかで悩まれ方も少なくないはず!


 


で、私も普段はギター専門なのですが

ベースも割と弾く方ですので


数年前悩んだ末bass d.i+を購入しました

(中古で安かったので)



使い方によっては


  1. グランジ、メタル系の過激な音

  2. 味付け要素の歪みの音

  3. Sansampに近いバキッとした音



などまで対応できるのが

このbass d.i+の真髄



音としてはSansampの方が好みでしたが


Sansampって基本的に音色が1つで

ロック以外に使いにくいというデメリットがありました



これから多様な音楽を作るのに

「これではいかん」と思い


値段も考慮してbass d.i+をお迎えすることに。。



まだ機材が時充実していない時は

これを繋いでベースを録音してましたw






で、この時は取り敢えずバンド時代使っていた

機材をそのまま使っていたので


安めのACアダプターに繋いで使っていて

ファンタム電源を使用したことがなかったのです



取り敢えず使えればいいだろw

くらいのノリだったので。。



 


しかし先日久々に引っ張り出して

試しにファンタム電源を使ってみたら



音の太さ、質量が全然違う



ACアダプターで送られる電源とは違って

安定してるというか、力強いと言うか・・・






ファンタム電源の使い方は非常に簡単で

本体左下の端子をマイクケーブルで繋ぎ


オーディオインターフェイスなどの

電源供給可能の機材に繋いでスイッチを入れりだけ!



ちなみに私の場合、ファンタム電源の供給先は

オーディオインターフェイスではなく


手持ちのBEHRINGERのマイクプリ↓





真空管が内蔵されているから

なんとなく音質が良くなる気がしたので試してみましたw



結果的に大正解!!



一応最近購入したハイエンド系の電源である

strumonの9V電源と比べましたが


それでも圧倒的にBEHRINGERの電源の方が

音が良かったです




マイクプリからの電源で

bass d.i+の真の力が発揮されたと言いますか



  • EQは全てフラット

  • ディストーション無し

  • colorスイッチオフ



これらの状態でも音質が上がった印象がありました



コンパクトエフェクターっぽさが抜けて

専門的な機材っぽい音質になった感じ



もしかしたらこれが本来の使い方だったのかな?

と思わなくもないです



 

もし手頃な機材があるベーシストは

ぜひ一度はお試しあれ!!




きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page