top of page

大学時代に培った技術で一番役立ってるもの



何が役立つかわからない





大学は勉強をするところ!


のはずですが



私のように真面目に勉強もせず

音楽ばっかやってた人間は



大抵若い時間を浪費して終わり




思い出はたくさんできましたけどね!



しかしながら大学時代の得た技術で

今でもそのまま役立っているものがあります



それは・・・



グロウル



ここは作曲とかギターと答えたいところなのですけど



ギターとか作曲能力は大学以降の方で

得た技術の方が圧倒的に多く


大学で培った技術そのままで勝負してるのは

実はこれだけ






 


そもそも私のグロウル歴の始まりは


正しいグロウルを認識すること


から始まりました



それまではグロウルとかスクリームって



気合いで思いっきり大声出せばOK!

無理矢理がなりたてれば出る



くらいの認識でしたけど



  • ちゃんとした発声をしないと出せない

  • 単なるがなり声とは違う



ということを理解したのは

学生時代のバンド活動でした


 


そこから



発声方法というのはいくつか種類があり

本質的に異なる声がいくつかあることを知りました



そこからあるきっかけで

偶発的にグロウルが出せるようになり


それをちゃんと使えるレベルまで引き上げたのが

大学生時代でした



最初は力のないしょぼい声しか

出せませんでしたからねw




当時持っていたMTRで録音して


  1. どうやったらカッコ良く聞こえるか

  2. どんな種類の声を重ねたら良いか



などなど研究に明け暮れ

それが今の自分の武器になっています





 

元々私はかなり歌が苦手で

歌うこと自体も好きではありませんでした



それがふとしたきっかけで

今では時折グロウルのお仕事をいただいています


なんだか不思議な縁もあるもんだな〜と

我ながら感じていますw






Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page