昔の曲を知っていた方がいいメリット




昔の曲は聴いていた方がいい



と言うお話は、音楽をやっている人なら

なんとなく聴いたことはあるのではないでしょうか?



私もそこまで詳しいわけではありませんが

そこそこ嗜む程度には知っているといった具合



音楽の基礎となった向かいの音楽を知ることで

より音楽に対する理解が深まる



という意味で用いられる言い回しですが

実はもう一つ別の意味合いがあったりします



 



偉い人、決定権を持った人は昔の曲が好き



特に引っ張る話題でもないので

サクッと本題に入っちゃいましょう!


これは元メジャーデビューしていた方と話していた時に

ふと教えられたことなのですが



「音楽の理解というよりは

 音楽の話題のために知っていた方が良い」



とのこと



大体お偉いさんだとか

何かのタイアップとかを決める人


そこそこの年齢の方であることが多いのです



その為


「最近の曲しか聴いていない」

となってしまうと


そのお偉いさんと話が合わないのです



 

例えば


「あの時代のロックは熱かったよね~」


だとか


「このアーティストが流行った背景は

 こういう時代だったからですよね」


みたいな


音楽を交えた世間話をしようと思うと

昔の曲を知っていた方が有利です



勿論、目ざとい人なら

最近の流行の曲でも話題に乗ってくれるとは思いますが


やっぱり、音楽をやっていると


「ある程度ここら辺は知っていて当然


みたいなアーティストっているんですよね

暗黙の共通認識みたいな



最近では少なくなってきたとは思いますが、中には



昔の曲知らない=実力が低い人



というイメージを持ってしまう人もいますからね!


 

ということで


コミュニケーションツールの一環として

昔の音楽を知っていると有利


という事情があるというお話でした!



もしかしたらそういったところから

思わぬ発展もあるかも!?🤔