モニタースピーカーを選ぶ基準とは!?



DTM始めてモニタースピーカー買おうと思ったけど

選ぶ基準が分からん!!



という疑問にお答え!(出来るかな🤣)


ちょっとした判断基準をご紹介しますよ!


#モニタースピーカー

#DTM


 

モニタースピーカーとは!?



まずは基本的なおさらいから!



モニタースピーカーとは・・・



音楽制作作業のために使われるスピーカーです



一般的に使われている家電とかのスピーカーはリスニング用と言って

多少音が味付けされています



モニタースピーカーとはそういった味付けがされておらず

基本的にフラットな音が聴けるように調整されています



また、細かい音の分離間や定位なども確認できるようになっています



ようするにリスニング用のスピーカーは個体差があり

製品によって音にばらつきがあるため



どのスピーカーや再生環境でも


ある程度均一の音を作るため

モニター用のスピーカーは使用されています




DTM、音楽制作をするなら必需品と言っても過言ではありません


 

メーカーごとに音に違いがある




フラットな音に調整されているとは言え

メーカーによってモニタースピーカーにも音の違いはあります



当然安価なものは音質自体がそこそこで

解像度もあまりよくありません



また

小型すぎるスピーカーは低音不足 という欠点もあります


低音域を鳴らすには相応に大きな筐体が必要になりますからね



これはモニタースピーカーに関わらず

ギターアンプやベースアンプにも共通していますね



  • メーカーによって高音が強い

  • 低音が強い

  • 音が固め



などの違いがあります


 

一概にデカくて高いスピーカーが良いとも限らない




「じゃあ高くてデッカイやつ買えば音質いいってことじゃん!」



という話になってきますよね!


勿論、間違いではありませんが・・・



自分の自宅、制作環境をまず第一に考えて下さい




と言いますのも


スピーカーというのは


ある程度音量を出すことを前提に作られています



つまり


ある程度音量を出さないと

そのスピーカーの真価が発揮されないのです



例えば


防音設備のない1ルームや大きな音量が出せない環境なら


例え高価で大型のスピーカーを購入しても十分な音が出せず

そのスピーカーの本領を発揮することが出来ません



デッカいスピーカーの音量を絞りまくった音よりも


小型でも、しっかり音量を出しているスピーカーの方が

良い音が出せるのです


 

音響は拘りだすときりがない



更にスピーカーの本当の良さを引き出そうとすると



  • 2つのスピーカーの距離を十分にとる

  • 壁からスピーカーを十分に離す

  • 適切なスピーカーの高さをとる

  • 部屋の反響も調整する



などなど、挙げていけばキリがありません・・・



正直なところ、お高めのスピーカーを購入しても

その真価を発揮できる部屋を所有していなければならない



これが一番の課題になってくるのです



再生環境にも膨大な投資が出来ない場合は

そこそこのお値段のスピーカーで十分ということですね😥



 

まとめ


・制作環境にも膨大な設備投資が出来る、知識がある人は
 大型のお高めのスピーカー

・あまり大きな音が出せない、知識や部屋の設備に限界がある
 小型でしっかり音量が出せるスピーカー

・スピーカーはある程度音量を出さないと真価を発揮しない

・値段よりも自分の環境に合ったスピーカー選ぶが大事!



以上、スピーカーを選ぶ時の基準でした!



おすすめのメーカーなんかも書いてよかったのですが



ハッキリ言って制作環境は人それぞれなので

メーカーの名前書いてもしょうがないなって思いました😅



まずは自分の制作環境に合いそうな大きさを選んで

次にメーカーを選んでみてはいかがでしょうか?


それでは今回はこの辺でー!!👍✨