top of page

ストラト、テレキャスどちらか迷った時の判断基準〜作曲家視点から見てみた〜



シングルコイルの定番ギター!!



どちらも根強い人気を誇る歴史ある王道なギター!



クリアな音、繊細な音が特徴的な

シングルコイルギターなら大体この2つが


人気を持っていってる感じがします

(他のギターファンの方すみません)



どちらも触れたことない人からすると



  • ストラト・・・万能タイプ

  • テレキャス・・・ロック寄り



みたいな

ザックリとした印象があるのではないでしょうか?


実際にパンク系のギタリストで

テレキャス使ってる人が多いイメージがあります



もしくは同じメーカー、シングルコイルだから

親戚みたいな感じだとか!



 

私もそんな感じのイメージを持っていましたが

実際に両方購入し、使ってみた印象としては




・ストラト



中音域にぎっしりと音が詰まっていて

抜けが良い音が特徴的



複雑なアンサンブルでも存在感抜群



リードや印象的なフレーズが得意

逆に全体を支えるようなバッキングが苦手





 

・テレキャス



結構音がドンシャリ設定



リードパートや中音域の目立つ楽器を邪魔せず

バッキングを打ち込みやすい



総じてバッキングの種類は豊富になるものの

やや音は引っ込みがち



ストラトのような前に出てくる音ではないので

リードはやや苦手






  • ストラト・・・リード向き

  • テレキャス・・・バッキング向き



というのが個人的な感想でした!



もちろんどちらのギターも

セッティングや使い方次第なのですけどね




実際に試しに

ストリングス、ピアノ、パーカッション


といったトラック数多めの曲にてギターを収録しましたが

テレキャスの方が全体の整い具合は高かったです






 

リード、バッキングに向いた音




何故このような判断を下したかと言いますと



基本的に人が知覚しやすいのは中音域



というのが根本にあるからです!


ギターソロを弾く時にフロントP.Uに切り替えるのも

これが理由だったりします



逆に言えば



ボーカルや他のリードパートがある場合は

出来るだけ中音域は削った方がいいです



この考えを元に見ていくと

2つのギターの役割は真逆



という事情が見えてきます!



是非ご参考に〜!!



 


Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page