top of page

"TONEX"と"Neural DSP"のプラグインの違いについて考えてみる



どちらも素晴らしいアンシミュ!



定番でありリアルさを求めた

"Amplitube"


最近で始めた低コストのキャプチャー系

"TONEX"



これらとは正反対の方向に進化しているのが

"Neural DSP"のプラグイン!



お値段で言えば


まとめてたくさんの音色が手に入る

"Amplitube""TONEX"と比べると


そこそこのお値段がする"Neural DSP"



ギタリストならどちらを選ぶべきか迷うところ。。


そんなわけで個人的に

双方の違いについて見解を書いてみましたよ!




 


Neural DSPは機械的





音が変という意味ではなく

システマチックという意味の機械的!!



あくまで私が使ってきた

プラグインを元にした意見ですが・・・



Neural DSPは本物のアンプの再現性について

そこまでこだわっていないように感じました



実機のアンプの良さを意識した部分はもちろんあるのですが



デジタルだから出来ること

ミキシング後を意識した音



こういったことに意識が向いているように感じます









良くも悪くも音がしっかりと整っていて

生のアンプとは異なった質感



アンプ特有の音の汚さというか、ノイズがなかったり

現代の音楽に適した音になりがちです



それこそエフェクターって感じ!



リアルさの追求をある程度留めておいたことで

得られる音のメリットを選択したのかなと思います



 


改めて"TONEX MAX"の音を聞いてみましょう!




ついでにTONEX PEDALの音も!





こうして比較してみると



"Neural DSP"の音のキレイ

整い具合が際立つかと思います



逆にバンドサウンド感と言いますか

臨場感みたいな質感はやや乏しくも感じますね



あと、ベースの音を聴き比べてみると・・・


"Neural DSP"の方がレンジが広いというか

音質の完成度が高いのも印象的



そんなわけで"Neural DSP"は

プラグインのアンプというよりは


全く別の機材くらいに

考えておいた方がいいかもしれません



 

モダンかつ現代的なフレーズが弾きたい人は

"Neural DSP"


「これぞギターの音!」って音が欲しい人は

"Amplitube"や"TONEX"がおすすめですね



まあよく考えれば"Neural DSP"が

アンシミュの中でも特異なのかもしれませんが。。



ぜひご参考にしてください!!


Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page