Van Halenから学ぶ!ギタリストの真髄はバッキングで決まる!!



著名なロックギタリストは

須らく名バッキングを生み出している!



ギターの花形と言えばソロパート!

なのですが・・・



如何に楽曲を牽引できるバッキングが弾けるか

全体を支えるバッキングを思いつくか



これに尽きます!



現代においても、派手な超絶奏法よりも

バッキングの精度の方が需要は圧倒的に高いです



バッキングの重要性についてみていきましょう!!



 

やっぱりエディはすげえよ!!



ギターロックにおいてバッキングを進化させたのは

Van Halenではないか!



私はそう思っています!!



Van Halenと言えば


右手を用いたタッピング奏法を華麗に駆使して 一躍伝説的ギタリストに上り詰めました




しかし! 彼のバンドが成功した真の秘訣は



楽曲のバッキングが当時としては革命的だったから


だと思います!



色鮮やかと言いますか、結構複雑で

飽きがこないようなフレーズなんです



というか今聴いても


「めっちゃいいバッキングフレーズばっかだな~」

って感心してしまうほど!




割とロックって単純なフレーズでごり押したり


必殺のリフで決める!


という風潮が多かった中、ここまで


ギター1本で表現できるバッキングの可能性を広げたのも

彼ならではのセンスの良さが伺えます




エディのバッキングセンスが分かる名曲!


メロディアスでありながら

しっかりとバック演奏に徹しています



歌とバッキングの調和が素晴らしい!!



そして

その調和を打ち破るかの如く挑戦的なソロパート



この緩急こそがVan Halen最大の武器なんですよね



バッキングを華やかにすることで

他のパートが輝く




これこそがギタリストの理想的な姿

なのかもしれません!



まあ結論をいいますと・・・



みんなでVan Halen聴きまくろうぜ!!



て、ことでしたー!!😎✨





閲覧数:0回