top of page

エレアコ版のKemperみたいな機材があるらしい!!






エレアコにも革命が!!



ライブや野外イベントで何かと役立つ



エレアコ!!



エレキギターのようにケーブル経由で

スピーカーから音出しが可能な一品



基本的にエレキギターと異なり

アンプ不要でミキサー直挿しOKなので


お手軽かつアコギの音を拡大できます



マイク録音が難しい環境でも役立つ機能ですね





しかし!!



仕組みが基本的にライン入力なので



音が硬い&生音と結構違う



という音質面にデメリットがあり

これに悩まされるギタリストは多いです



このデメリットを解消すべく

専用のDIやプリアンプを使うのが定番


そうすることで「ライン臭さ」を軽減してきましたが。。



このDI、プリアンプ界隈の

常識を覆す機材が登場していたようです!


 

それがこちら!


L.R Baggs "Voiceprint DI"



なんとアンプの音を取り込む

KemperやTONEXのように



自前のアコギの音のIRとして取り込み

それを再現すると言う仕組み!



しかも複雑な機材を用意する必要はなく


スマホ(今のとこiPhoneのみ)1つでOK




ざっくりと言うと


専用アプリ経由でスマホのマイクでアコギの音を収録

それをラインの音で再現するようです





まさにKemperのアコギ版


今までモデリングアンプしかなかった所に

革命的に現れたKemperと似てますねw






従来のライン入力の音とは大きく異なり

かなり実際の音に近いようです!


実際に動画で音を確認できますけど

これがラインの音とは思えませんねw



しかも



取り込んだ音と従来のラインの音を

混ぜて使用することも可能!



楽曲によってはライン録音っぽさが欲しい時もあるので

これで微調整できるのは助かりますね



 

ただ、一応デメリットもあるようで


  • 今のところ専用アプリはiPhoneのみ

  • 収録の仕方で音が変わる

  • 収録したデータは収録に使ったギターにしか使えない

  • 値段が少々お高め(約7万円)



こんな具合に


コスト、手間ともに

従来のDIプリアンプよりハードルが高いです



まあここまでの性能なのでしょうがないですけど!



今後このシステムを利用したDIは

Kemper同様対抗馬が出てきて発展して行くかもです!



そんな期待を持たせてくれる素晴らしい機材ですね〜





Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page