top of page

YAMAHA THR5は初心者に良いアンプ~使い方の解説~



YAMAHAはコスパ良し



今放送中で人気を博している「ぼっち・ざ・ろっく」

作中で主人公の娘が使っているのがこちらの


THR5


というアンプ!



実は数年前に私も購入していて

結構使っていた時期がありますが


これがなかなかにオススメ!


これ一台で大体ロック、メタル、ポップスまで

演奏できちゃう優れもの



色んな機材でもお手頃価格の製品を出している

YAMAHAらしいコスパの良さですね!



 



まあ、色々と口で説明するよりも

実際の音を聴いてみましょう!!



搭載されているアンプの種類を使い分けて


  • メタル系

  • ハイゲイン系

  • クランチ系

  • クリーン系


と、分けて演奏してみました


それぞれチャンネルの切り替えで音色の変更が可能

搭載されているリバーブなんかも使ってます




実は機能として、もう一つ

「Lead」チャンネルが搭載されていたのですが



ぶっちゃけクランチとそんな音が変わらなかったので

敢えて演奏せずにここでは省略してます


まあ、思いっきり他のチャンネルで対応できる音色ですが

伸びの良いクリーンに近いリードトーンって感じです


(クランチじゃんw)

 


今回はマイクやライン録音をしないで

スマホで直接 撮影&録音!🤣


生のギターの「ガチャガチャ」って音がもろ入ってますねw



マイクで録音しても良かったのですが


出来るだけ自身が使用している時の感覚に近づけたかったので

敢えて簡易なデモ演奏動画にしました



しかしながら


スマホで簡単に録音したにしては

十分すぎるほどいい音してませんか!?✨



小型アンプとは思えないほど

しっかりとした歪みエフェクトが手に入ります!



 


音作りが簡単



通常のアンプの場合



  • High

  • Mid

  • Low

  • Presence(小型アンプには無い場合も)



大体これらのツマミをいじって音を調整しますが

最初のうちってこれのいじり方がわからないんですよね😅



ギター本体の音の傾向によって調整の仕方も変わってくるので

意外とササッと音を作れるようになるまで時間がかかりますが



これはあらかじめある程度ギターの音域に合わせて作られた

[TONE]というツマミ一つをいじるだけでOK!




[TONE]を強くかければ音が硬く、明るくなり

絞っていけば音が柔らかく、暗くなっていきます



また、エフェクト

専用のツマミを回していけばそれでOKです





 



覚えておこう!ちゃんとした音量の上げ方



さて、ここが一番初心者が躓きやすいところ



ちゃんとした音量の上げ方!



THR5に限らず


基本的にギターのボリュームを決めるツマミ

2つ以上ついています



これを上手く使ってあげることで


キレイな音から激しい音まで作ることが可能!



 


ではでは、THR5のツマミを見ていくと・・・

この中の


  1. GAIN

  2. MASTER

  3. VOLUME


この3つが音量に関する調整ツマミになってます



他のアンプの場合、「MASTER」がなくて

「GAIN」「VOLUME」の2つだけのものが多いですね



そしてこの「GAIN」「VOLUME」

それぞれ微妙に役割が異なっており



GAIN=音量と共に音を歪ませていく


VOLUME=音量だけを上げていく




という役割を持っています



THR5に搭載されている「MASTER」も

「VOLUME」と同等の機能のようですが



最終的な音を作った後の音量を決めるためのツマミのようですね

(詳しくは後述します)



”歪み”というのは

ロック系ギターでよく聴く「ギュワーン」みたいな


ぶっ壊れたような派手な音の成分のこと!


この”歪み”の成分を上げていくと

より激しいジャンル向けのサウンドになります



 

ということは



激しい音を作る時は「GAIN」を上げ目にする


大人しくきれいな音を作る時は「GAIN」を下げる



というのが基本的な調整の仕方になります



で、ここで注意したいのは



歪みまくるアンプのチャンネルの時は

「GAIN」を上げてもあまり音量は上がりませんが


(モノによってはほぼ上がりません)



あまり歪まない、クリーン系のチャンネルの時は

「GAIN」を上げると相応に音量も持ち上がります



 

ということを踏まえたうえで

TRH5の各音作りの時の調整の仕方をまとめますと




・激しい音を作る時



チャンネル / MODERN, BRIT HI


VOLUME単体を動かして音量調整

歪みの量をGAINで調整


(GAINがゼロだと音が出ないので注意)




・きれいな音を作る時


チャンネル / CLEAN



先に「VOLUME」「MASTER」をMAXにして

GAINを上げていく


場合によってもっと小さな音量で弾きたいときは

「MASTER」のツマミを下げて調整する




こんな感じで覚えておけばOK!


後は慣れてしまえば

さまざまなジャンルに合った音を瞬時に作り出すことが出来ます🔥




 



その他便利機能



ここまでがメインの使い方になりますが

他にも便利機能が満載!




アンプの左端の小さな黒い丸の所


リズムに合わせてタップしてあげると「ディレイ」の調整が出来たり

長押しすると「TUNER」が作動してチューニングもできます



これさえ持っていればチューナー要らずというのは嬉しい所!



また、基本は電源ケーブルにてパワーを供給しますが


電池を入れて駆動することも可能なので

電源ケーブルが使えない場所でも使用可能!



野外イベントなどで、電源に限りがあるなど

限られた場所でも使えるのは強いです



また、本体は電源が入るとチューブアンプみたいに赤く光りますが

アンプに真空管は内蔵されていません


良くも悪くもそこまで扱いに神経質になることもなさそうです


本体も小さいので

持ち運びに適したアンプですね!



 

いかがだったでしょうか?



流石YAMAHAの製品と言わざるを得ないくらい


音質、利便性、サイズ感

どれをとってもかなりお得感満載のアンプ!



真空管非搭載でここまでの音質は

個人的に大満足です😋



気になる方はチェックしてみましょう!




閲覧数:62回